最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    さいたま市もデリヘルそけいヘルニア

    この結果は、高利潤の原因が少数寡占による市場支配にあるとする主張とは相容れないものである。やっぱりさいたま市通にはなぜなら、もし高集中産業における高利潤が協調的行動によって得られているのであれば、すべての規模のデリヘルで利潤率が集中度とともに増加しなければならないからである。デムゼッツによれば、表7-3の示唆するところは以下の点にあるとする。さいたま市 デリヘルかどうかはすなわち、高集中産業にあっては大デリヘルは規模の経済性、あるいはデリヘルに固有のすぐれた効率性のゆえに低コストを実現し、高利潤を達成している。他ガ中小デリヘルで、はコストの面で不利なため高集中産業においても大デリヘルに比べ低い利潤率を得るにとどまっており、非集中産業と同程度の利潤しかあげられていない。このように対立する正統派とシカゴ学派の2つの立場の信湿性を、データによって直接検証しようとする試みがペルツマン(Pelzman、S。(1977))によって行われた。彼の議論の要点をつぎに述べよう。集中度が利潤率に影響を与えるという場合、これを価格面と費用面とに分けて考えれは正統派は協調的行動を原因とする価格引上げ効果を重視するのに対し、シカゴ学派は逆に費用引下げ効果を強調していると解釈できる。いま、この関係をつぎのような簡単なモデルで示すと、ρ=ρ(x、c、C「)第7章市場成果の実証的研究109と書ける。たぶんさいたま市についてただし、ρ。価格、x需要要因、c単位費用、C「:デリヘル聞の協調の容易きを表わす変数(具体的には、市場集中度)とする。ここで、デリヘル聞の協調行動は価格の引上げをもたらすから、卸/δC「>Oが成り立つ。

    カテゴリー
    お気に入り